子供の治療開始時期

お子さんの場合、早い時期に矯正治療を始めることで良い治療結果が得られたり、抜歯せずに治療ができる場合があります。
適切な治療のタイミングを逃さないよう、歯並びが気になった時点で一度ご相談ください。

ただし、必ずしもすぐに治療を開始するとは限りません。症例によっては永久歯が生え揃ってから治療した方がよい場合もあります。お口の中を診察してから、適切な治療時期をご説明します。

子供の1期治療と2期治療

1期治療と2期治療

子供の矯正治療には、次の2種類があります。

1期治療

乳歯と永久歯が混在する混合歯列期に行う治療です。顎の発育を誘導しながら治療することで非抜歯治療の可能性が高まります。1期治療だけで終了する場合もありますが、多くは2期治療で最終的に歯並びを整えます。

2期治療

永久歯が生え揃った後に行う治療です。1期治療の後に行う場合と、1期治療は行わずに2期治療だけでまとめて行う場合とがあります。
1期治療を行っている場合は、その分2期治療の期間が短くなったり、負担が軽くなります。

子供の治療例

叢生(デコボコ・八重歯)

歯が並ぶための顎のスペースが不足しているため、歯並びがデコボコになっている状態です。

叢生症例(非抜歯)

叢生症例(非抜歯)
使用装置 拡大床装置(3か月半)
フルブラケット装置(10か月)
保定装置(2年)
抜歯の有無 非抜歯

治療費(自費):約857,000円※毎月1回の処置料含む総額
副作用・リスク:歯根吸収が起こる可能性があります。

叢生症例(抜歯)

叢生症例(抜歯)
使用装置 フルブラケット装置(1年5か月)
保定装置(2年)
抜歯の有無 抜歯(上下第一小臼歯を計4本)

治療費(自費):約857,000円※毎月1回の処置料含む総額
副作用・リスク:歯根吸収が起こる可能性があります。

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が前に傾いたり、顎自体が前方に位置するために出っ歯になっている症状です。

上顎前突症例(非抜歯)

上顎前突症例(非抜歯)
使用装置 拡大床装置(3か月半)
フルブラケット装置(1年1か月)
保定装置(2年)
抜歯の有無 非抜歯

治療費(自費):約857,000円※毎月1回の処置料含む総額
副作用・リスク:歯根吸収が起こる可能性があります。

上顎前突症例(抜歯)

上顎前突症例(抜歯)
使用装置 フルブラケット装置(1年5か月)
保定装置(2年)
抜歯の有無 抜歯(上下第一小臼歯を計4本)

治療費(自費):約857,000円※毎月1回の処置料含む総額
副作用・リスク:歯根吸収が起こる可能性があります。

下顎前突(受け口・反対咬合)

下の前歯が上の歯より前に出て、噛み合わせが逆になっている症状です。

下顎前突症例(非抜歯)

下顎前突症例(非抜歯)
使用装置 チンキャップ
拡大床装置(3か月半)
フルブラケット装置(1年)
保定装置(2年)
抜歯の有無 非抜歯

治療費(自費):約800,000円〜900,000円※毎月1回の処置料含む総額
副作用・リスク:歯根吸収が起こる可能性があります。
骨格型下顎前突症のため、長期の治療が必要です。

開咬(かいこう)

奥歯を噛んでも前歯の上下に隙間があき、食べ物を噛み切れないような症状です。

開咬症例(抜歯)

開咬症例(抜歯)
使用装置 フルブラケット装置(2年3か月)
保定装置(2年)
抜歯の有無 抜歯(上下第一小臼歯を計4本)

治療費(自費):約857,000円※毎月1回の処置料含む総額
副作用・リスク:歯根吸収が起こる可能性があります。

初診予約・お問い合わせはこちら
HOME パソコン版はこちら
0120-806-488

ポプリ

クレオ矯正歯科クリニック

プライバシーポリシー