HOME > 矯正歯科治療について > 矯正装置

矯正装置

クレオ矯正歯科クリニックでは、目立たない透明の装置を使用しています。
また、できるだけ装置を着けている期間が短くなるよう、最適な時期に治療を行っています。

フルブラケット装置

フルブラケット装置

歯の表面にボタン状の「ブラケット」を接着し、ワイヤーを組み込んで歯を動かしてゆきます。
「マルチブラケット装置」と呼ぶこともあります。
当クリニックでは、透明の審美的なブラケットを標準で使用していますので、目立たずに治療することができます。(上下顎とも前歯6本ずつに透明ブラケットを使用)

床(しょう)矯正装置

床(しょう)矯正装置

歯列を側方拡大するための装置です。入れ歯のような装置を装着し、中央部のネジを4日に一度回すことにより徐々に歯列の幅を広げ、歯を並べるスペースを確保します。
1日中の装着で、3か月半で6.5mm拡大します。
成長期の子供で多く使用しますが、大人でも症例によって使用することができます。

チンキャップ

チンキャップ

反対咬合(受け口)の場合に、下顎の成長を抑制し、後方に移動させるための装置です。
主に成長期のお子さんに使用し、ご自宅で使用して頂きます。
最初は少し大変かもしれませんが、慣れればスムースに装着でき、顎のコントロールに効果がある装置です。

ヘッドギア・インプラント矯正は使用する必要がありません

上顎前突(出っ歯)の場合に上の前歯を後退させる等の目的で、ヘッドギアやインプラント矯正(アンカーインプラント)が使用されることが多いようですが、当クリニックではそれらは使用しません。
ヘッドギアやアンカーインプラントを使用しなくても、通常のフルブラケット装置で十分に治療が可能ですので、患者さんに負担のかかる装置はできるだけ使用しないようにしています。

保定装置(リテーナー)

歯の移動が終了し矯正装置を外した後に、「後戻り」を防ぎ歯並びを安定させるために使用する装置です。昼用(透明のもの)と、夜用(ワイヤー式)があり、負担なく保定を行うことができます。

保定装置(昼用) 

保定装置(昼用) 

  • 最初の1年間のみ、昼間に使用します。
  • 透明なので目立ちません。

保定装置(夜用) 

保定装置(夜用)

  • しっかり保定できるよう、夜用はご自宅にいる間、3年間使用して頂きます。
  • 3年目は、就寝時のみの使用です。
ページトップへ