HOME > 大人の矯正 > 大人の治療例

大人の治療例

大人の矯正治療例をご紹介します。
非抜歯で治療した症例と、抜歯が必要だった症例があります。
抜歯が必要かどうかは、顎や歯の状態によって異なりますので、詳しく検査したうえでの診断となります。

叢生
[抜歯]
上顎前突
[非抜歯] ・ [抜歯]
下顎前突
[非抜歯] ・ [抜歯]
開咬
[非抜歯]

叢生(デコボコ)

歯並びがデコボコしていたり、八重歯になっている状態を「叢生(そうせい)」といいます。
歯が並ぶために必要なスペースに較べて、顎骨の大きさが足りないため、重なり合ってしまった状態です。

叢生症例(抜歯)

治療前(22歳 女性)

叢生症例(抜歯) 治療前

治療後(25歳)

叢生症例(抜歯) 治療後

症状 叢生+開咬 使用装置
患者さん 22歳 女性
フルブラケット装置
フルブラケット装置
使用装置と期間 ・フルブラケット装置
(1年7か月)

・保定装置(2年)
抜歯の有無 抜歯
(上下第一小臼歯を計4本)

上顎前突(出っ歯)

上の歯が前に出ている、いわゆる出っ歯の症状を「上顎前突」といいます。歯だけが前に傾いている場合と、上顎自体が大きすぎたり前方に位置している場合とがあります。

上顎前突症例(非抜歯)

治療前(29歳 男性)

上顎前突症例(非抜歯) 治療前

治療後(31歳)

上顎前突症例(非抜歯) 治療後

症状 上顎前突 使用装置
患者さん 29歳 男性
フルブラケット装置
フルブラケット装置
使用装置と期間 ・フルブラケット装置
(1年10か月)

・保定装置(2年)
抜歯の有無 非抜歯

上顎前突症例(抜歯)

治療前(19歳 女性)

上顎前突症例(抜歯) 治療前

治療後(21歳)

上顎前突症例(抜歯) 治療後

側貌

側貌

症状 上顎前突 使用装置
患者さん 19歳 女性
フルブラケット装置
フルブラケット装置
使用装置と期間 ・フルブラケット装置
(1年6か月)

・保定装置(2年)
抜歯の有無 抜歯
(上下第一小臼歯を計4本

下顎前突(受け口・反対咬合)

下の前歯が上の歯より前に出て、噛み合せが逆になっている状態を「下顎前突」といいます。「受け口」「反対咬合」と呼ばれることもあります。歯の傾きだけの問題の場合と、下顎自体が大きすぎたり前方に位置している場合とがあります。

下顎前突症例(非抜歯)

治療前(23歳 男性)

下顎前突症例(非抜歯)治療前

治療後(24歳)

下顎前突症例(非抜歯)治療後

症状 下顎前突 使用装置
患者さん 23歳 男性
拡大床装置
拡大床装置
フルブラケット装置
フルブラケット装置
使用装置と期間 ・拡大床装置(3か月半)
・フルブラケット装置
(1年2か月)

・保定装置(2年)
抜歯の有無 非抜歯

下顎前突症例(抜歯)

治療前(32歳 女性)

下顎前突症例(抜歯)治療前

治療後(34歳)

下顎前突症例(抜歯)治療後

症状 下顎前突+叢生 使用装置
患者さん 32歳 女性
フルブラケット装置
フルブラケット装置
使用装置と期間 ・フルブラケット装置
(1年10か月)

・保定装置(2年)
抜歯の有無 抜歯
(上下第一小臼歯を計4本)

開咬(かいこう)

開咬とは、奥歯を噛んだ状態でも前歯の上下に隙間があいてしまう症状です。食べ物をかみ切れない、発音がしにくい、顎関節症になりやすい、などの問題があります。

開咬症例(非抜歯)

治療前(35歳 男性)

開咬症例(非抜歯)治療前

治療後(38歳)

開咬症例(非抜歯)治療後

症状 開咬+叢生 使用装置
患者さん 35歳 男性
拡大床装置
拡大床装置
フルブラケット装置
フルブラケット装置
使用装置と期間 ・拡大床装置(3か月半)
・フルブラケット装置(1年)
・保定装置(2年)
抜歯の有無 非抜歯
ページトップへ